非認定の修理サービスのメリット

iphoneの修理はApple非認定の修理専門店でも行える

現在使っているiphoneが何らかの理由で故障してしまった場合、通常であれば、iphoneを購入した携帯電話キャリアまたは、アップルストアなどの正規代理店と呼ばれる場所に修理を依頼します。Appleによって公式に認定している場所での修理は、利用しているiphoneに適した純正品を使って行われます。また、ApplecareといったApple独自の保証サービスに基づいて修理を行うことから、修理期間中でも代わりのiphoneを使うことができます。ただ、Apple認定の販売店や修理サービスを使って修理を行う場合、最低でも1週間程度の時間がかかってしまいます。 主に大都市圏に店舗を構えているアップルストアに対して、地方都市では主要駅を中心に、iphone修理を行うApple非認定の修理専門店が多く存在します。こうした修理専門店でも修理は行えますが、利用する場合は公式の保証サービスでの修理方法と比較して、いくつかの点で異なります。

Apple非認定の修理専門店では短時間で修理が受けられる

Apple非認定の修理専門店の特徴としては、Apple指定の純正品の部品を使わずに修理を行うことが大きな違いです。利用しているiphoneの規格に適合した部品を使っていることから、の保証サービスを利用するよりも、修理代金が安く済ませられるメリットもあります。また、メーカー認定の修理方法では、原則使っているiphoneの設定はリセットされますが、非認定の修理専門店の場合、修理箇所によっては設定がリセットされないといった違いがあります。

Apple非認定の修理専門店を使う最大のメリットとしては、Apple認定の修理を依頼するよりも短い時間で済むことです。修理専門店で修理を行う場合は、修理箇所にもよるものの、概ね1時間前後で修理が完了します。また、使っているiphoneの機種に関係なく、一定金額までの修理代金を補償してくれるといった、専門店独自の修理サービスも利用できます。

iphoneの充電ができない時、まずは再起動してみましょう。リセットをしていないことで充電できないことがあります。それでも充電できない場合は、アクセサリーの接触不良が考えられますので確認してみて下さい。