非認定の修理サービスのデメリット

非認定の修理サービスを利用するデメリットとは

非認定の修理サービスのデメリットとして、最初に挙げられるのが仕上がりの品質が良くない点です。公式のお店に比べてコストパフォーマンスが良かったり、予約が不要であったりと独自のメリットが光りますが、修理品質が平均よりも悪いのがネックです。スマホの不具合はしっかりと改善したものの、ネジの締まりが悪かったり、交換した部品が綺麗に取り付けられていない等、見栄えに不満が残ります。

また一部の非認定の修理サービスでは、熟練度が低いスタッフがスマホ修理を引き受けています。修理に預けても短期間でメンテナンスが終わらなかったりします。最初説明を受けた時よりも修理費が高額になったり、場合によっては修理自体が途中で失敗に終わる等、困ったトラブルに巻き込まれるのがデメリットです。

利用すると正規店のサポートが受けられない

非認定の修理サービスの中には、コストパフォーマンスが抜群で同時に修理のスピードとクオリティーもまた抜群という専門店があります。実際に非正規でもユーザー満足度が高いお店は多々あります。そういった場所であれば、実質デメリットがゼロでiPhone修理を頼めるように思われますが、非認定のお店で一度でもメンテナンスを受けると、正規店のサポートが今後受けられなくなるので要注意です。

正規店のスタッフ以外が開封したスマホや分解した製品は、公式のサポートやアフターケアが受けられないルールになっています。たとえ公式のサポート期間内でも、基本的に例外は認められません。その点を予め理解した上で、非認定の修理サービスは利用しなければなりません。

iphoneが起動しない症状に陥ってしまった場合には、素人では修理を行えないので専門的な知識とスキルを持った業者に依頼しましょう。